八坂神社&羽黒神社

八坂神社

祭神として素盞鳴命と稲田姫命の二柱の神を祀っているが、「相模風土記稿」には牛頭天王と記し、1572年6月庄司内田兵庫政親が勧請したものと伝えている。江戸期の参勤交代の際、些細なことから役人の貴諱に触れ、一時神体が地中に埋められ、神殿が閉鎖されたことがあったが、数十年後の1688年内田伝左衛門尉源政利がこれを憂え、矢部村庄司河原氏の霊夢を得て、翌年12月地中より神体を掘り出し、その再興をはかり、以来従前のごとく祭祀を行ったという。

f:id:SEAMASTER:20190613123515j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613123542j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613123611j:plain

羽黒神社

戸塚が宿場町になるよう幕府に働きかけていた沢辺宗三は、1616年11月17日に(戸塚が宿場町となる)伝馬証文が下附された際、羽黒社に感謝して祭日を11月17日としたといいます。

f:id:SEAMASTER:20190613124344j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613124426j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613124508j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613124548j:plain
f:id:SEAMASTER:20190613124622j:plain

富塚八幡宮

源頼義・義家父子が奥州下向の途次、当地に露営し、夢に応神天皇及び富属彦命の神託を蒙り、その加護によって戦功を収めたので、1072年富塚山中腹に社殿を営み両祭神を勧請したものである。
富塚彦命は相模国造弟武彦の二世の孫で、境内山頂の古墳がその墓と伝え、これを富塚(トミツカ)と称し、やがて「トツカ」となったのが、「戸塚」の地名の起りと伝える。

f:id:SEAMASTER:20190611125045j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125117j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125149j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125218j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125245j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125322j:plain
f:id:SEAMASTER:20190611125908j:plain